令和元年9月例会20日(金)第3金曜日 18時30分より 中之島中央公会堂

「致知」読後感 木鶏例会 2019年

newyear
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
なかなか参加するのに勇気がいるな、と考えておられる方もいそうなので、、。この過去の木鶏通信の11月の校長先生の行動こちらの脳性マヒの少年の詩に胸が熱くなれば、波長は合うはずですよ!
1月・2月分「致知」読者会 読後感想など例会報告
元号が変わる2019年。月刊誌「致知」愛読者の会、大阪木鶏クラブの例会報告です。
2019年(平成31年)3月「致知」読者会・大阪木鶏クラブ例会報告
人間学を学ぶ月刊誌「致知」愛読者の会・大阪木鶏クラブ2019年三月例会です。致知の読後感や自分の経験から発表しています。
【平成】最後の大阪木鶏クラブ。致知読後感2019年4月例会報告。
平成最後の木鶏クラブでした。残念ながら「大学」の講義はおやすみでしたので、会員が順に発表し合う形となりました。日頃感じていることや、実践していることなど、様々な視点から発表がありました。
「致知」6月号感想・大阪木鶏クラブ5月例会報告 植松努講演 OASIS whatever
看脚下がテーマの致知6月号でした。自分の心を探求し、本質に気づきましょうと受け取りました。国語教育の重要性を認識し、人を救うために活動されている方々の態度から学んでいきたいですね。
「致知」2019年7月号感想「命は吾より作す」大阪木鶏6月例会報告 トヨタ社長のバブソン大学でのスピーチ
2019年7月号「致知」の読後感想と大阪木鶏クラブ例会報告です。今号は「命は吾より作す」了凡四訓からの言葉が特集テーマでした。カンボジアで地雷除去作業をされている方や、日々眼の前の自分の持ち場で生活されている方々の言葉や実践から学び得た教訓を知ることができました。
「致知」2019年8月号読後感想 後世に伝えたいこと 大阪木鶏クラブ7月例会報告
人間学を学ぶ月刊誌『致知』8月号読後感を中心に、読者会・大阪木鶏クラブ7月例会の報告です。サッカーシューズメーカー「ヤスダ」の名前を中学生以来聞きました。非常に懐かしい気持ちになりましたね。社会の片隅でそれぞれの人生を生きておられる方々を紹介されている雑誌です。
タイトルとURLをコピーしました