8月例会21日第3金曜日18時30分より中之島中央公会堂にて開催予定。

大学古典講義

大学古典講義

古典講義「大学」XIV 三綱領「止至善」の解釈+「本末」の解釈

致知愛読者の会、大阪木鶏クラブの古典講義「大学」。今回の範囲では、切磋琢磨の出典解説やどういった視点を持って読解していくかを語られます。
大学古典講義

古典講義「大学」XIII 詩経「文王」編紹介

致知読者会、大阪木鶏クラブであは、古典の講義をしていただいています。「大学」では書経や詩経からの引用が多々あります。今回は詩経の文編を解説していただきました。彼らがどのような世界を理想としていたのか?そこから現代に生きる我々が学べることはなにか?
大学古典講義

「大学」古典講義 Ⅻ 象著玉杯・詩経の解説

人間学を学ぶ月刊誌『致知』読者会大阪木鶏クラブでは、古典「大学」を勉強しています。古典を古典のまま埋没させるのではなく、生活の中で生かせられるように学問していきたいですね。今回12回めの講義となりました。
大学古典講義

「大学」古典講義 Ⅺ 書経の目次・殷と周の系譜など

古典講義「大学」の11回です。第二章にはいりました。書経や詩経からの引用で、三綱領八条目の説明が続きます。己とはなにか?の究明が本質です。
2019年(平成31年)木鶏例会

「大学」古典講義 Ⅹ 阿頼耶識・平澤興先生「味のある人生」

月刊誌「致知」愛読者の会では古典講義として「大学」を勉強しています。今回で10回目を迎えました。字句の意味の解釈ではなく、古典を日常生活に如何に活かしていくかを含めて、考察していきます。
2019年(平成31年)木鶏例会

「大学」古典講義 Ⅸ 三綱領・八条目

朱熹と王陽明の違いを確認しながらの解説となりました。「大学」を理解するのに他の古典からの引用をしっかりと確認していかなければなりません。
大学古典講義

「大学」古典講義 Ⅶ 大阪木鶏クラブ 2018年(平成30年)12月例会

2018年、平成30年最後の大阪木鶏クラブでした。「平成」として年の瀬を迎えるのは、今年が最後なので少しさびしい感じがしますね。 通常90分講義の後、30分「致知」読後感に移るのですが、忘年会の予定があるので講義を60分にしてもらい...
大学古典講義

「大学」古典講座Ⅵ 大阪木鶏クラブ 2018年(平成30年)11月例会

松岡照子先生の古典講義「大学」の第六回目です。語義の理解のみならず、何を受け止めるか、何を抽出して自己のものにするか、そして「己を知る」とはどういうことか?己事究明するヒントを学んでいきましょう!
大学古典講義

「大学」古典講義Ⅴ 朱子学と陽明学、中庸より「性」について

社会人になってから、古典に興味をもって勉強しようとしてもなかなか機会がありません。「致知」愛読者の会・大阪木鶏クラブでは、松岡照子先生に「大学」を講義していただいています。今回で5回を迎えました!
大学古典講義

「大学」古典講義 Ⅳ 三綱領・参「止至善」・安岡教学「傅家寶」 

松岡照子先生による古典講座「大学」4回目、「至善に止まる」の解説でした。字句や学説の紹介だけでなく、いかにして古典を実人生に活かしていくか、そしてそのヒントを学ばせていただいています。一歩立ち止まって思考すること、また実践することのバランスを学びましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました