令和元年9月例会20日(金)第3金曜日 18時30分より 中之島中央公会堂

「致知」木鶏通信より 1995年1月号から12月号まで

思い出の古い写真過去の木鶏通信
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

1995年度の大阪木鶏通信です。

この年、阪神淡路大震災がありました。当時、神戸市須磨区に住んでいましたので、あの衝撃は忘れられません。

スポンサーリンク

月刊誌「致知」木鶏通信より 大阪木鶏クラブ分 抜粋 1995年

それでは当時の木鶏通信を眺めてみましょう。

各号と通信は2ヶ月ほど差が生じています。

1月号

致知1995年1月号表紙

木鶏通信1月号

木鶏通信2月号の2

2月号

1995年2月号表紙

1995年2月号木鶏通信

3月号

致知1995年3月号表紙

1995年3月号木鶏通信1

木鶏通信1995年3月号2

4月号

致知1995年4月号表紙

DSC_0077

木鶏通信神戸の震災特集

阪神淡路大震災のあとの木鶏通信です。当時の被害状況が垣間見られます。それでも早々に木鶏クラブを再開し、勉学に臨もうとされる姿に感服しました。

スポンサーリンク

5月号

致知1995年5月号表紙

致知木鶏通信1995年5月号

震災後、再開されたときの木鶏通信です。気合の入った通信文だと思います。

 

6月号

致知1995年6月号表紙

通信6月号1

1995年6月号木鶏通信

 

7月号

致知1995年7月号表紙

木鶏通信7月号

「近思録」を研究されている時期の木鶏通信なので、結構難解な語句が続いていますね。そこは真鍋先生も意識されていて、次のように書かれています。

いささか難しいと思われますが、それは文章だけで、考えてみれば人間の持つ性情によるものを説いたものだと、よくわかります。

体得されているなあ、と感じました。

 

8月号

致知1995年8月号表紙

木鶏通信1995年8月号

 

スポンサーリンク

9月号

致知1995年9月号表紙

木鶏通信1995年9月1

木鶏通信19959月2

「大学」綱領の中心部分について勉強されています。この文面だけでも非常に勉強になりますね。

10月号

致知1995年10月号表紙

木鶏通信1995年10月号

1995年10月号の2

ここでも人の世に基本が説かれていますね。今の世には欠けているものです。

 

11月号

致知1995年11月号表紙

致知木鶏通信1995年11月号

古書を古読せずとはまさにこのことですね。現代の問題解決のヒントを古典から導き出されています。

 

12月号

1995年12月号表紙

木鶏通信199512月号

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

1995年の木鶏通信どうでしたでしょうか?

やはり震災が大きな事件でしたね。オウムのテロ事件もありました。その中で日常にいち早く戻られ、勉学に励まれている姿が目に映りますね。これぞ「木鶏クラブ」ですね!

現在は(2018年)、「大学」の講義の後『致知』読後感を発表しています。興味が在る方はぜひとも参加してみてください!

「大学」講義録

 

コメント

この記事を書いた人

管理人惜斎F
大阪木鶏クラブ会員・ブログ作成者です。過去の通信なども少しづつまとめていきたいですね。

管理人をフォローする
タイトルとURLをコピーしました